daily_mogu

キッチンスタジオモグの活動などを発信します。

2013/08/02デイリーモグ

【食材のはなし】◆プチトマト◆

Pocket
LINEで送る

2013.08.02

【食材のはなし】

◆プチトマト◆

本日の朝食は冷やし中華!
グリーンリーフやセロリの葉、カイワレ大根の上に
麺を乗せてみました♪

冷やし中華を家で作るとき、
流水で麺をこするように洗って←これ結構なポイント!
麺のぬめりを取り、水気をしっかり切ってから、
少量のごま油を回しかけておくと、
お店に近づく美味しさに変身しますよ♪

ぜひお試しあれ♡

今日はこの朝食のトッピングに使った「プチトマト」のおはなしを

今が旬の盛りプチトマト。
手軽にプランターなどでの栽培もできるので、
育てていらっしゃる方多いのではないでしょうか?

トマトを枝から外してそのままパクっ!
そりゃ~美味しいですよね♪

でも…ちょっと待ってください!

この行為、お子様が真似して食べると、思わぬ危険が。

プチトマトって丸ごと口の中に入れると、
そのままスルッと気管まで入ってしまうことがあり、
小さなお子様や、咀嚼や嚥下の衰えているお年寄りには
とても危ない食べ物なのです。

毎年事故例をニュースで聞くたびに、とても心が痛くなります。
お子様の事故を防ぐ参考サイト
http://safekids.ne.jp/childaccidentreport/report12.html

でも、せっかく栄養価も高く、旬の美味しいプチトマト
食べていただきたいですね。

丸ごとではなく、半分又は4当分に切って食卓に出すことをおススメします。

プチトマト.JPG

この写真の右と左で、半分の切り方が違うのわかりますか?

右が繊維に沿って切っていて
左が繊維を断ち切るように切っています。

トマトの繊維は、ヘタからおしりの方向にありますので、
ヘタを通るように縦半分に切ったら、繊維の強い方向に切るため噛みごたえが残ります。
ヘタと並行するように切ったら、繊維を断ち切り柔らかい食感になります。

小さな食材でも、ちょっとしたひと工夫で美味しさや食感が変わり、
家庭内の事故も防ぐことができますよ。

食卓の笑顔守りたいですね♪

**************

由比港漁協で毎月私が担当させていただいている料理教室
こちらでは、8月8日『親子料理教室』を開催します!

詳細は→こちら 

8月のKitchen studio moguレッスン予定と予約状況
詳細は→こちら

****************
静岡市内料理教室 Kitchen studio moguへのお問い合わせ&お申し込みは

  
logo↑こちらの「教室への問い合わせ」ボタンから。又は

 
までお気軽にどうぞ!
 
由比港漁協でmoguレッスンの、正式なお申し込みフォームはこちらから
http://kitchen-mogu.com/yui/

 
※お問い合わせの前に必ずこちらをお読みください。
 

※過去のmoguレッスンの風景はこちらをご覧ください!

 

Kitchen studio mogu本田のツイート(教室ブログからもクリック出来ます)

 
Facebookのmoguページ
 
mixiのmoguページ

mogu facebook

モグ食堂(mogu's キッチン)

mogu twitter

PAGE
TOP